箕面市で延べ3万人の施術経験の信頼と実績で喜びの声が絶えない整体院です。

自然治癒大阪ソフト整体院


腰痛に関わる骨格と関節

kotsuban.png腰痛にも様々な原因があるのですが、腰痛を抱えている人は全員、腰の筋肉が硬くなり骨盤にある関節の動きが悪くなっています。
たとえ話をすると、骨盤の関節は扉でいうと蝶つがいの様な役目をするのですが、この蝶つがいが錆びついて動きがギクシャクしている状態です。

このことを詳しく説明すると、腰痛に大いに関係する骨格は腰の部分の脊椎(背骨)腰椎(腰の部分)と骨盤です。
腰椎は上から腰椎1番~腰椎5番の5個あり、骨盤の仙骨とつながっています。
骨盤は分解すると、仙骨と尾骨と寛骨(腸骨、坐骨、恥骨が合わせて、と呼ぶ)で構成されています。

これらのつながりの部分が関節となるのですが、仙骨と骨盤の腸骨(ちょうこつ)部分とをつなぐ関節を仙腸関節と呼びます。
この仙腸関節は平面関節で、医学的には動かない関節と言われており、近年では動く関節というのが有力視されているようです。
この関節は靭帯(じんたい)といわれる組織でおおわれていて、ズレにくいようになっています。

当整体院に、腰痛などで来られる方を長年見ていますと、骨盤の動き要するに仙腸関節の動きが非常に悪くなっています。
仙腸関節は腕や、足のように大きく動く関節ではないのですが、とても重要な関節です。
この少しですがしっかり動くというのが大切です。

施術の内容で、骨盤を押し込んだ時にここの動きのいい人は、痛みがとれやすい人達です。
逆に動きの悪い人は、痛みが長引く人と言っても差し支えないと感じます。
そして仙腸関節の動きが悪い人は、腰の筋肉が非常に硬い人です。
腰の筋肉が硬くなると、腰の筋肉に栄養を与えている血管が筋肉により圧迫され、さらに血流が悪化しどんどん硬くなっっていきます。
結果的に腰痛になります。

また、背骨の腰椎につながっているのが仙骨(せんこつ)で背骨の一部の様な構造です。
腰椎と仙骨の間にあるクッションの役割を果たす軟骨椎間板でつながっています。

腰痛が強い人はやはり腰の筋肉も硬くなっており、本来の角度を保てなくなっているのが特徴です。
背骨を横から見るとほとんどの場合、腰の部分の腰椎が正常なS字の湾曲量が少なくなっており、へっぴり腰の様な姿勢になり腰に負担をかけます。
もともと背骨のS字は、上半身の重量を骨の形でしっかり受け止め、腰などの筋肉にに負担をかけない構造になっています。

これらの関節の動きが悪くなることで、腰痛を起こす原因のひとつとなります。

自然治癒大阪ソフト整体院のご案内

住      所:
〒562-0001 大阪府箕面市箕面5-2-28
アクセス:
箕面駅から徒歩7分
お問い合わせ・ご予約
072-724-5960
受付時間:
9:00~19:00
定休日:
不定休
水曜日午後と、木曜日中心に休業
(月末に営業カレンダー作成)

メールでのお問い合わせ


ページ上部へ