箕面市で延べ3万人の施術経験の信頼と実績で喜びの声が絶えない整体院です。

自然治癒大阪ソフト整体院


その他の症状のページ

以前からある肩の痛みと違和感、極度なゲップ、食欲不振が改善しました 増本敏恵様 77歳 女性

腎盂腎炎の治療で8日間入院しました。
退院後、極度の食欲不振になり抗生物質の薬も飲めなくなって、1か月で5㎏痩せてしまいました。
腎臓や胃に異常は見つからず「どうしようもない」と先生に言われて困ってしまいましたが、従妹からの情報で肩の痛みと内臓の不調も同時に改善できる自然治癒ソフト整体院を知り、自然治癒の施術を受けました。
2~3回通っているうちに体調が急速に回復、食欲も戻って大変喜んでいます。
ありがとうございます。
 

便秘と不眠、生理不順、ひどい肩こりと身体のだるさ、頭痛がに改善しました S・Y様 32歳 女性 

自然治癒大阪ソフト整体院にはアトピー改善するために通っていますが、他のトラブル沢山改善してしまいました。

改善したのは、「便秘と不眠、生理不順、ひどい肩こりと身体のだるさ、頭痛」です。
以前の私は肩こりがひどく頭痛がしていました。
肩こりを他の言葉で表現すると、「3歳か4歳くらいの子供がいつもぶら下がっているような感じ」でしたが、そんなにひどい肩こりが嘘のように改善しました。

さらに、アトピーの痒さもありますが、寝つきも悪くて全く朝まで寝るということがありませんでした。
アトピー治療のため、針に行っても漢方薬を飲んでもすぐに目が覚めていました。
また身体のだるさも改善し、夜は苦労なく眠れるし、朝までしっかり眠れるようになり、目覚めるとすっきりしています。
それ以外に生理不順、便秘まで改善してしまいました。

自然治癒大阪ソフト整体院に通いだしてから、以前にあった喘息が一時的に出ましたが、それもすぐに解消しそれ以後喘息の発作は起きていません。
喘息の発作は出ましたが、先生から前もって「以前あった喘息の発作が一時的に出る可能性が高い」と聞いていましたので、喘息の発作時もあわてることなく落ち着いて過ごすことができました。

アトピーがもう少し改善するまでもう少しがんばって通います。

突発性難聴が改善しました 関野様 女性 52歳

目まいと雑音がするような感じになって、さらに左の耳の聞こえも悪くなり、耳鼻科で突発性難聴と診断されました。
薬としてステロイドを処方されました。
薬を飲んでいると顔が浮腫んできました。
最初は1回に4錠飲んでいましたが、一定期間飲んで少しずつ減らしてきました。
しかし、ステロイドを長く飲むのが嫌だったので病院へ行くのをやめて、西尾先生の所で自然治癒にかけることにしました。

その後3~4か月くらい経過したころに、耳の聞こえがいいと気が付きました。
動画
 

顎関節症による、顎の痛みが解消し口が開けられるようになりました STさん 40代 女性

ある日、顎に強烈な痛みが出て口を開けることが出来なくなりました。 その為食事をすることも困難な状態でした。
数日間様子をみましたがいっこうに痛みが引きません。
病院には行かなかったのですが、診断を仰げば間違いなく顎関節症と病名をつけられていたと思います。
それほど激烈な痛みでした。
当時の私は長男の小児喘息を、自然治癒大阪研ソフト整体院で改善してもらっていましたので、体の不調は全てそちらで克服することが当たり前と思っていましたので、西尾先生に相談しました。

そして一度の手当てで激痛が消失しまし、大きく口を開けることができ、その後も再発していません。
gakukannsetu1.jpg

1ヶ月続いた発熱及びリンパの腫れが短期間で改善しました 安西正治様 38歳 男性

12月末に突然37.5℃の熱が出ました。
ただの風邪だろうと考えて、医院で診察を受けたところ、やはり風邪とのことで解熱剤と抗生剤を処方されました。
この時は、以後用事のあるとき以外はほとんど横臥しているような生活が1ヶ月近く続くとは思ってもみませんでした。
抗生剤を飲みましたが発熱は収まらず、午前中は37℃、午後は37.5℃という状態が続きなかなか平熱に戻りません。
症状は発熱以外には腰痛と倦怠感がありました。
この倦怠感はちょうど温泉の湯あたりのような感じで、身体が熱くなって、ひどくだるいのが特徴でした。
ここ1~2年風邪ばかり引いていて、一度引くと治るのに1週間はかかるので、今回もどうせそういった風邪の類であろうと思っていました。
実際1週間後には午前中は36.3℃、午後は37℃前後の熱となり、平熱には戻っていないものの、腰痛はなくなって倦怠感もほとんどなくなったので安心しました。

何度となく病院に行き種類を変えた抗生剤を処方されましたが、一向に良くならずインフルエンザの検査をしても無駄でした。
単純な血液検査もしてもらいましたが異常なしです。
その間、熱は微熱の時もありいますが最高39℃まで上がりました。

今までの病院がまったく役に立たなかったので、小規模ですが丁寧に診察してくれる医院に行きました。
それまでの医療機関は単純な検査をして結果に異常がないので3分以下の診療を経て抗生剤を処方するという大雑把な対応しかしてくれませんでした。
触診の結果頚部のリンパ節の腫脹(腫れ)が著しく、肩のリンパ節にも広がってとのことでした。
2011年1月25日撮影 明らかにリンパが腫れています
rinpaseihaketubyou1.jpg
既に4回も病院で診察を受けているのですが、その程度のことさえ確認してくれなかったのが不思議でした。
胸腺のリンパ節にも腫脹があるかもしれず、また肺疾患等の懸念もあったので、胸部のCT撮影も行うことになりました。
しかし、CTの結果は異常がなく血液検査をしてその結果によって今後の治療方針を決めることになりました。
その結果を待つ間いったい自分はどんな病気なのか調べてみましたが、首の表面に近いリンパ節の腫脹、1ヶ月近い微熱、全身の倦怠感、ふらつき、急激な体重減少(3ヶ月ほどの間に原因もなく5kgほど減っていました)といった症状に該当するのは『悪性リンパ腫』のようで、医者も疑っているようでした。
思いがけず厄介なことになりそうで大いに弱りましたが病院に長期入院して、必ず治る保障もない治療を受けるのだけは避けたいと思いました。

そこで両親のすすめで母親が大病の再発防止でお世話になっている西尾先生を訪ねました。

すぐに鼠頚部の血管が詰まっていることが問題だとわかりましたが、頚部のリンパが腫れているのに脚の血管が原因だという判断は不思議に思いました。
身体中がガチガチで、微熱や倦怠感が生じるのは納得できるお話で、先生の手技を受けましたが、身体をほぐして頂いたところ長く続いていた全身の倦怠感が半減しました。
急に憑物が落ちたように身体が軽くなったので驚きました。
翌朝目が覚めるとさらに倦怠感は薄れており発熱もなくなって、だるさのため横臥してばかりの生活からやっと脱却することができました。
幸、医院の血液検査の結果は良好で大病には至らなかったことがわかりましたが、西洋医学では病名もつけられなかったので、結局治せなかったのだろうと思います。

その後何回か手当てを受けて1週間後には頚部の腫脹も倦怠感もすっかりなくなりました。
rinpaseihaketubyou2.jpg2011年2月2日撮影  完全にリンパの腫れが引いています
西尾先生から鎖骨と骨盤のゆがみによって血流が悪くなったのが主原因だと教わりました。
実際、自分の血液画像を見てその汚染の激しさに驚きました。
流れがあまりに悪いので、細菌やウイルスと闘うべき白血球も何もせずにじっとしておりました。
血流を改善していただいたら、一気に病状が好転したので血流の悪化は万病の元であることを実感しました。

今後、姿勢を正すこと、ゴムバンドを巻き、腰回し運動等で免疫力を高め、病気を自ら予防したいと思っております。
西尾先生、奥様、いろいろとありがとうございました。
ダイジェスト動画

 

次女当時5歳の熱性痙攣、てんかんが改善しました 田中Tちゃん

次女のTは、小さい時から気管支が弱い子でした。
5歳のころ熱性痙攣と、無熱性痙攣繰り返し病院では癲癇の疑いもあると言われていました。

痙攣は経験した人はわかるでしょうけれど、白目をむき死ぬのではないか?と思うほどビックリします。 
ある日熱がでて初めての熱性痙攣を経験。
1回目噛み締めるような硬直が起きたため病院に電話していると手をバタバタさせて2回目の発作。
すぐ救急車で病院へ運ばれましたが、その時には発作は治まっていました。

病院ではとにかく「解熱剤でもなんでもすぐ熱を下げればいいのよ。お母さんはいったい何をしているの!」と叱られました。
また私が高校生の時クラスメートが、幾度となく癲癇の発作をおこし後に若くして命を落とされた(背景まではわかりません)ということでトラウマとなり、元来の心配性と重なって、我が子も同じようになったらどうしようとノイローゼ気味になっていました。
咳が出ればすぐ薬、少し熱が出るとすぐ薬というように当時は対症療法に命をかけていました。

ある日今度は無熱性痙攣をおこし癲癇の疑いがあると言われました。
発作の2日前に初めて花粉症の症状が出て、もらったお薬のせいでは?とドクターに聞きましたが「大丈夫この薬は痙攣を誘発することは絶対にない」と断言されました。
しかし脳波検査のため訪れた日赤の脳波の権威には「その花粉症の薬は飲まないほうがいい」と言われたのです。
ということはやはり花粉症の薬が原因で痙攣がおきたのだと思い、病院不審に陥りました。

そんなころ、知人から西尾先生を紹介され、さっそく体験会に家族4人で参加したところ、一番若い5歳のTの血液がもっともドロドロなのには驚かされました。
その後半信半疑ながら西尾先生のところへ通うようになりました。
通いだして間もないころ恐れていた熱が出ましたので相談したところ、熱は大きな血管が詰まっているためにおこる、そこをマッサージすれば熱は治まると聞かされ必死の思いでマッサージしました。
するとどうでしょう熱は本当に下がったのです。
少しほっとしましたがまた夜中にも熱が出だし今度は痙攣の発作までおこりだしました。
無我夢中でまた鼠蹊部をマッサージすると痙攣も治まり
事なきを得ました。

先生の言う通り熱だけではなく痙攣の発作まで病院のお薬を使わずして治めたことで少し落ち着きも取り戻すことができました。

その後西尾先生のところへ通うと共に、私も手当法を習い普段から次女に施しました。
それ以後は発熱も痙攣も起こさずすこぶる体調は良好です。
2012.8.1現在Tは、中学1年生になり元気に学校に通っています。
ダイジェスト動画
もっと詳しい完結版動画

腕の骨折のが原因の腫れが改善  T様 80代 女性

TNさんは義理のお母さんが右腕を骨折され整形外科で治療をして、骨はくっついてきていたのですが、腫れと不自由さが残っていました。
西尾先生にそのことを相談したら、ゴムバンドを巻いたらいいよとすすめられました。
しかし、私もゴムを巻いたらいいよと言われていたのですが、正直なところ実行していなかったので、人にもすすめられなかったのが現状でした。

そこで、とりあえずやってみようかな、というくらいの気持ちで巻いてみました。
やったことがなかったので、こんなものかなという感じで、強さも適当で腕を巻いてみました。
少し様子を見ていると、ゴムで血をせき止めているので、腕の色が黒くなってきたしビリビリ痺れてきたと言われたので、怖くなって外しました。
すると、腫れていたのがみるみる引いて、艶まで出てきました。
しかも、悪くなかった左手のほうがくすんで見えたので、左手も巻いてみたらこちらもピカピカになりました。
両腕を2~3回ずつ巻きました。
すると先ほどよりももっと腫れが引き、肌もピカピカになりました。

ゴムバンドのすごさを実感し、私も実行しているところです。
ダイジェスト動画

自然治癒大阪ソフト整体院のご案内

住      所:
〒562-0001 大阪府箕面市箕面5-2-28
アクセス:
箕面駅から徒歩7分
お問い合わせ・ご予約
072-724-5960
受付時間:
9:00~19:00
定休日:
不定休
水曜日午後と、木曜日中心に休業
(月末に営業カレンダー作成)

メールでのお問い合わせ


ページ上部へ