箕面市で延べ3万人の施術経験の信頼と実績で喜びの声が絶えない整体院です。

自然治癒大阪ソフト整体院


ネフローゼ症候群が改善し、再発もありません。お父さんからの手紙。

H・Mちゃん 当時7歳 女の子

拝啓
晩秋の候、西尾先生にはますますご健勝の事とお喜び申し上げます。
多様に取り紛れご無沙汰を重ね誠に申し訳ございません。
さて、前々からご依頼を受けておりました○○の体験談なのですが、ここに写真と共に同封させていただきます。
非常に遅くなり申し訳ございませんでした。
その後○○は順調に回復し、今では以前のように元気に飛び回っております。
妻などは少しくらい病気の方が静かでいいのにと思うこともあるようですが、それでも元気に飛び回っている様子を見るにつけ妻共々嬉しく思っております。
先生にはご多忙の折から、くれぐれもご自愛の程お祈り申し上げます。
まずは、ご報告まで。
敬具

追伸
写真のほうは名前、目線の配慮をよろしくお願い致します。

娘(発症時7才)に変調が見られるようになったのは2003年11月頃からでした。
目瞼が浮腫んでいたのですが本人は特に変調を訴える事でもなかったのでしばらく様子を見ていました。
が、下肢も浮腫んできた為11月28日、病院で受診、ネフローゼ症候群と診断され、翌日29日に入院することになりました。
入院当日よりプレドニン40mg/日投与、以後経過がよければ4週間ごとに5mg/日減量していくという方針でステロイドの投与が始まりました。

私は病院で診療放射線技師をしており、医療に携わる身なのですが、今の医療に対して―症状への対処のみで根本的な治療がなされない、症状への対処のみの投薬、投薬の副作用への投薬、投薬に継ぐ投薬というイタチごっこのような現状に疑問を抱いておりました
ですが、この時点ではステロイド剤の投与による治療も仕方がないと思っていました。
その後、ステロイド剤による治療が順調に進み12月17日に退院となりました。
しかし、腎臓への負担を軽減させる為、ステロイドにより感染症への抵抗力が低下している為、またカルシウムが流出し、骨が非常にもろくなっており骨折等しやすい為などで外出、運動は禁止という状態でした。
私は前述のように投薬に疑問を持っておりましたので、退院をきっかけに投薬をしないで治療する方針はないかと捜し、自然医学総合研究所大阪支部(自然治癒大阪ソフト整体院の旧屋号です)へ娘を連れて行きました。

そこで西尾先生とお話をし、そしてその頃投薬の為にパンパンに腫れてしまった娘の顔をみて、つくづく投薬を止めさせたいと思いました。
病院での診療では相変わらず4週間に5mg/減量し、うまくいけば秋頃には投薬がなくなるかも、という事だったのですが、早く止めさせたかったので、投薬量を独自に減量する事にしました。

当時、2004年1月25日時点でプレドニン30mg/日だったのを次の日は2/3量の20mg/日とし、以後10日ごとに5mg/日減量し、2004年3月5日にステロイド剤の投与を終了しました。
その間、1週間に1回程度の頻度で西尾先生の所へ通っていました。
再発の可能性が高く、実際半年程で再発することが多い病気なのですが、発症から1年たった今もその気配はみられず、病院の検査でも異常なく、娘はとても元気に過ごしております。

注)ネフローゼ症候群は5年以内の再発率が70%~80%といわれています。

自然治癒大阪ソフト整体院のご案内

住      所:
〒562-0001 大阪府箕面市箕面5-2-28
アクセス:
箕面駅から徒歩7分
お問い合わせ・ご予約
072-724-5960
受付時間:
9:00~19:00
定休日:
不定休
水曜日午後と、木曜日中心に休業
(月末に営業カレンダー作成)

メールでのお問い合わせ


ページ上部へ